TRIGUN STAMPEDE

NEWS

ヴァッシュ(幼少期)役・黒沢ともよさんとナイヴズ (幼少期)役・花守ゆみりさんからコメント到着

ヴァッシュ・ザ・スタンピード(幼少期)を担当する黒沢ともよさんとミリオンズ・ナイヴズ(幼少期)を担当する花守ゆみりさんからコメントが到着しました。

 

黒沢ともよ

――長く愛され続けている「TRIGUN」ですが、作品へ出演が決まった時の感想をお聞かせください。

 

黒沢:こんなに長く多くの方に愛されている作品に参加させていただけることをとても光栄に感じました。ナイヴズが非常に言語化できる思想を持っているので、ゆみりちゃんとのお芝居の中で「ナイと一緒に暮らせる子」というバランスを探すのは自分の中では大きなパーツだったように思います。と同時に、ヴァッシュとナイヴズという存在は私の思考を遥かに凌駕した生命体なので、私自身のこだわりや解釈を持つことをしないようにしたのがこの役を演じることへのこだわりでした。演出をもらった時はその意図を解釈しようとせずに、信じて、演出通り表現を運ぶことを心がけました。

 

――新生「TRIGUN」となるアニメ「TRIGUN STAMPEDE」。新しい「TRIGUN」を楽しみにしているファンの皆さまへメッセージをお願いします。

 

黒沢:私たち兄弟が現場で言葉を喋ってから、軽く季節が一周しました。音響はもちろん、orangeのスーパークリエイターたちからたくさんの時間をかけて愛を注がれて成長中の「TRIGUN STAMPEDE」は絶対“ヤバイ”仕上がりになると思います。昔から「TRIGUN」を愛する皆様も、現代だからこその新生「TRIGUN」をどうぞお楽しみに!私も楽しみです。

 

花守ゆみり

――長く愛され続けている「TRIGUN」ですが、作品へ出演が決まった時の感想をお聞かせください。

 

花守:令和である今、まさか自分が「TRIGUN」のシリーズに参加できるなんて思ってもみませんでした…感激です!

ナイヴズの人間に対する憎悪、『たったひとりの兄弟』であるヴァッシュに対する依存と執着を常に抱えながら演じさせて頂きました。

彼の持つ信念の行く末を見届けてくださいますと幸いです。

 

――新生「TRIGUN」となるアニメ「TRIGUN STAMPEDE」。新しい「TRIGUN」を楽しみにしているファンの皆さまへメッセージをお願いします。

 

花守:時代を越えて愛され続ける普遍の魅力を持った「TRIGUN」、今の時代だからこそできる表現で、その魅力を沢山の方に伝えることができるよう、精一杯を込めさせていただきましたので、お楽しみに!